ひんぎゃの塩ラーメン(Let’s cook編)

この度、『青ヶ島の美容室』という青ヶ島をモチーフにハンドメイドしたアイテムを取り扱うネットストアをオープンさせて頂きました。

経緯はコチラ↓

2020年5月青ヶ島行き中止と今まで通っていた理由
2020年5月青ヶ島行き中止と通っていた理由について

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

緊急事態宣言は5月25日に解除されましたが、青ヶ島では医療資源が限られているため、観光での来島は当面の間、引き続き自粛要請が出ておりましたが7月1日から解除されております。

※高齢者が多く、医療資源が限られている事に変わりは無いです。

青ヶ島の特産品であるひんぎゃの塩

黒潮本流の天然海水だけを原料に作ったひんぎゃの塩をベースにした塩ラーメン、

ひんぎゃの塩ラーメンを今回は作ってみます。

袋を開けると

ひんぎゃの塩ラーメンの中身

麺とスープが入っています。

パウチには「スープ」ではなく「ヒンギャ」の文字が書いてあります。

麺をたっぷりのお湯で茹でている間に

スープの素を器に出して

ひんぎゃの塩ラーメンのスープの素

お湯で薄めてスープにしていきます。

(このスープにはひんぎゃの塩の他に鶏がらや鰹節、焼あごが入っています)

細麺なので2分位で麺は茹で上がりまして

スープと合わせると

ひんぎゃの塩ラーメンの麺

もう、かなり美味しそう。

麺とスープだけでこだわり店主のラーメン店みたいな雰囲気ですが、今回は

焼豚、玉子、メンマ、ネギをトッピングして完成!!

ひんぎゃの塩ラーメンの完成

美味しく頂きました。

近所にこんな塩ラーメンを出すお店があったら通ってしまう位、美味しいです。

袋の裏では焼豚、紅しょうが、いりごま、ネギのトッピングをオススメしていました。

タイトルとURLをコピーしました